So-net無料ブログ作成
検索選択

バグダッドの子守唄 [おはなし]

初めての方は「初めての方に」もどうぞ。
今までの日記リストです。 http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-08-16-7
社会的障害、偏見のなくなっていく寛容な社会 に
誰もが必要な支援が受けられる見捨てられない社会に


 

 お願いして転載させてもらいました。

バグダッドの子守唄

   アンヌ・シルヴェストル

わたしの赤ちゃん 世界が燃えている
あなたの小さな人生の中 あなたはここを安全だと思っていた
でも今日、ここはもう安全な場所ではなくなった
あなたを生まれさせてごめんなさい  

でも炎に見舞われる前にあなたを知りたかったの
二人でいれば容赦ない攻撃の豪雨にも耐えられるかしら
死が空から降ってくる時
二人なら暖めあえるから

わたしの母乳と一緒にあなたは恐怖を飲み込む
わたしは子羊がほしかった
あなたに草原を走り回らせてあげたかった
いつの日かあなたが微笑むように

わたしの赤ちゃん わたしの希望
これがあなたに加えられた最初の暴力
9カ月を待たずにあなたを産まれさせた
保育器の中にいるあなたを見ている

幸せな気持ちになれずに
心が動揺するわたしは
あなたを産んだわたしの行いをなじりながら
あなたが長く生きられることを祈っている

それからわたしの気持ちが逆らっても
わたしはあなたをハンサムに産みたかった
わたしたちに水が残っている限り

わたしの母乳と一緒にあなたは恐怖を飲み込む
わたしは子羊がほしかった
あなたに草原を走り回らせてあげたかった
いつの日かあなたが微笑むように

わたしの赤ちゃん なんという世の中なのかしら
生きていることに驚いた子供の最初の泣き声に
答えるのが警報のサイレンなんて
やわらかいあなたの肌にはもう
灰が積もっている

灰は明日になればわたしたちを覆いつくし
わたしたちがどこにいるのかさえわからなくなってしまう
わたしが死からあなたを引き離しても
覚えていてほしいの

わたしたちのことを心配してくれる人はほとんどいない と
人間は狂っている と

わたしの母乳と一緒にあなたは恐怖を飲み込む
わたしは子羊がほしかった
あなたに草原を走り回らせてあげたかった
いつの日かあなたが微笑むように
以上転載終了

 

いったいどうしたらこういう悲劇がおさまるんでしょうか?社会の都合で生きられないなんてひどくないですか!
テロする勢力も、政府もテロ取り締まる外国軍も、外国政府もそれなりの理論があるでしょう。
 うちも女です。もし自分のこどもがこうなれば、理論なんかどうでもいいです。耐えがたい苦痛絶望の前には何の意味ももたないでしょう。社会の過酷な状況ではおそらく感情抑制はできないでしょう。「こどもをかえして!」それがすべて・・。
  
あ~うちは子どもまだいません。うち自身がまだ子どもといううわさも(笑い)


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 1

ayu15

きぃさんどうも♪
by ayu15 (2008-01-11 17:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。