So-net無料ブログ作成
検索選択

後悔してからでは遅い! [医療]


消えた年金、後期高齢者医療(姥捨て山医療)だと批判の声がある世の中です。かたや深刻な財政難の声も聞かれます。

近年,自己責任自己努力社会になってきたようです。
財政上は必要かもしれませんが、おにぎり食べたいと飢え死にする人だしてしまうという弊害も起きています。


叩き世論の社会のようです。どちらが叩かれるのか予測はうちにはできませんが、救急医療に関しては「気軽に呼ぶな」の声がちいさくなさそうです。

 あなたには祖父母や両親はいますか? もし高齢なら、どうかこの先ちゃんと読んでやってください。


 高齢者は無理が利きません。適応力もよわいんです。例え元気でも気にかけてあげなくては。
もし祖父母とかが苦しそうなら、そうでなくても異常を感じたら、救急車呼ぶほどの物か迷いませんか?
気軽によんではいけないという「道徳感」がでてくるでしょう。でも迷ったらそういう時は救急車よんでください!

 戦前や戦後の混乱期に子ども時代すごした人達は我慢強い人が多いようです。「我慢しろ!」の世論はこの人達にはそぐいません。子どもに迷惑掛けられないと遠慮もしています。   だからなおさら迷うなら119にとにかく電話してください!
結果的にたいしたことなくて、おこられてもいいじゃないですか。わがままだと叩く人もいるでしょう。いいじゃないですか。財政に悪影響でしょう。いいじゃないですか。医師に負担になるでしょうし。「ごめんなさい」しておきましょうよ。
医療シンポジュウムでも関係者の方が「高齢者の場合は無条件に救急車を出します」と言ってくれています。


 世の中に祖父母や両親ほど大切なものはないんですよ!社会はいつもあなたに味方するわけではありません。叩く側にまわるかもしれませんよ。見捨てられて飢え死にするかも?社会的障害つくられるかも?

 冷たい世間にさらされたとしても、祖父母や両親はちがいます。たとえ批判しても、あなたを本当に愛してくれています。あなたが生きていけるように真剣に考えてくれています。高齢者はお荷物ではありません。あなたを見守ってくれる大切な存在なんです。 あなたを見捨てるかもしれない世論や財政より、祖父母や両親の命が大切です!絶対に死なせないで!119呼んで下さい!


救急医療については以前の
医療シンポジュウム 2008 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-10-1 
ホカベン http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-14-2  
叩かれたくない・・ハリネズミ社会http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29
どうぞ。
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

ユキ

うちは両親も祖父母もいないのー。
でも、何年後かのわが身だから
ちゃんとちゃんと考えないと
いけないんだよね~

その場限りの政策ばかりで・・・
by ユキ (2008-08-28 09:35) 

shira

 私の兄がパニック障害みたいな症状に陥って救急車を呼んだことがあります。もちろん所見はなかったんですが、別に怒られはしなかったようです。いいんですよ。何のために税金払ってるんですか。
by shira (2008-08-28 20:37) 

ayu15

ユキさんお気の毒です・・・。
でもユキさんのことを思ってくれる家族や友人を大切にしてくださぃね。

孤独はいけなぃわ。

shiraさん、税金とかはわかりませんが、財政は無視できないけど人として何が大切かでしょうかねえ?
by ayu15 (2008-08-29 09:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。