So-net無料ブログ作成

5対1   ・・・自己犠牲求める声 [人権]

  life---生まれてきて良かったと感じられる社会に
--苦悩の狭間-- ☆  一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02

初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1





 マイケルさんの5対1の話覚えていますか?
多数の人は多数の利益のために少数を犠牲にする選択をする傾向があるようです。功利主義では最大多数の最大幸福だそうで、多数の利益のために少数派は犠牲になるべきだとなってしまいます。
(詳しくは今年お正月の日記どうぞ)

 これに対しリバタリアン思想(アメリカの伝統に近い??)では政府や多数派の意見でも奪ってはならないものがあるとされていました。

 社会福祉はうち個人は誰もが生きれるというのが大原則です。とある社会福祉協議会の話。
半分公的法人で地域福祉の法人でそういう法がある特殊な?法人のようです。

その広報みて恐怖を感じました。


みなさんの地域でも道路延長・橋・トンネルなどの公共工事があるでしょう。当然賛否両論でますよね。この場合作るか作らないか結論だすことになりそうです。


広報ではこういう感じでした。
完成すれば周囲住民に便利になりありがたい。
公共事業に反対意見が出る。公共の利益考えず個々の自我を正当として主張

一部議員が反対陳述行った。地域住民全体考えず票欲しさ。


こういう感じです。


これ怖いです。

まず公共事業の賛否は問題でないです
逆に一部の人が事業を推進している。住民利益損なう。自己中だ!とかいても同じように問題ですから。


これは周辺地域に配布される広報(公共)です。個人的なものでなく、費用も書いた人が出しているわけでなく公共のものみたいです。
もしあなたがいろいろ考えて賛否を表明したとします。そのあなたの意見を広報で、あなたを自己中だと批判するものを地域全世帯に回されたら??これ恐怖ですよ!
どこかの国でこういうのあると身の危険あるかも?
日本ではそこまでなくても居場所奪われかねないです。
ごみは誰のもの? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-04の「けしからん!」が理由で条例つくる議員と思考が似てそうです。


   考え方がおかしいです。書き方も問題です。

あなたならどう書きますか?


うちなら
今度どこそこに○○を作る計画が出ました。
そのための説明会が行われました。これこれの理由で賛成という声もある一方、これこれの理由で反対という声もあります。またこういうのが疑問だという声もでました。
市の委員会でも陳述が行われています。

以上


まちがってもけしからん!という文はなしです。




 広報にはこういうのも。
個人情報保護です。
うちの印象では個人情報が社会構造・法の変化などで価値が高くなった気がします。
顔パスでなく個人情報を要求されろように。
ネットも普及して情報がどんどん広まります。


広報では個人情報保護は「かしからん!」といいたそうな印象です。
戦前は名前住所など身もと明かした札ぶらさげたものだ!{なつかしいいい時代といいたげな?}
と書いてます。

別記事で、「自己犠牲は崇高だ」と書いています。多数(右翼?に都合がいい)に対して自分が犠牲になるべきだというのを推奨すること書いているようにうけとれます。
もうナチスの亡霊?

この人やはり大日本帝国にもどしたいようです。怖いです。


一発免停 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-23-1で出てきた市議も同じような思考のようです。
自分はOKで特定の人は悪者にしてしまい×とつけています。
人は自分の存在が危うくなり居場所がなくなっていきます。とんでもない市議かも。

この人たちは戦前の亡霊??ソ連・イランでも生きていける?これは意見そのものがなんかちょぃやばぃ[どんっ(衝撃)]



自己中だとさけぶこういう人こそ自己中かも??





福祉の一つはみんなの居場所作るものだと思います

 戦前回帰か旧東欧みたいな「右翼思考」で少数派を悪人(自己中)と決めつけて町内上げて批判するように言うなんてあってはならないことでしょう。居場所奪わないでください! 福祉公共団体の名でどこかの政党広報みたいなこと書かないで!
ただちにやめることをお勧めします![パンチ]



 5を選択すること自体は場合によってはやむを得ないかもしれません。
でも「KYだ!」 「道徳だ」 とか使う言葉はそれぞれですが、1になった人や1を弁護する人に 「権利言うな」とか「自己中だ!」とか「行き過ぎた個人主義だ」とか非難するのは問題ではないでしょうか。 1の人たちに自己犠牲を要求するのは問題が大きいと思います。犠牲になるのを嫌がった人たちを悪者にして叩くのは問題でしょう。それが「正義」とは思えないんです。



shiraさんの言葉拝借すると、(注意・別のことに使われたものを拝借しました。)

これを (つまりこの広報などに賛同など)←この部分あゆが置き換え 
「当然じゃん」とか受け止められる人は、戦前の大日本帝国かナチスドイツか、はたまたスターリン時代のソ連にタイムスリップしてもきっと立派に生きていけることでしょう。いや、「立派に死んでいけるでしょう」かな。


5対1
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-28


守るべきものhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-20
ユニバーサルシティhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-30
無縁社会の話 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-29マイケルさんコラム
努力の対価? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-03政治哲学
土地は誰のもの? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-02-1政治哲学
ひかりごけ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-02政治哲学

人の振り見て我が振り直せ3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-10
ごみは誰のもの? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-04おかしな理屈?
都なのに国  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-06-1 某知事
一発免停 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-23-1



人の振り見て我がふり直せ  ・・・イラン編http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-06-24
デートの邪魔する警職法 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-07-24
nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(5) 

nice! 9

コメント 1

ayu15

みなさまありがとうございます。

もしあなたが「犠牲」になることを社会的に求められたら?
そういう空気
そういうルール
など

他者への配慮思いやりをどういうとこにみるのでしょう?

立場が脆弱な人のほうに配慮もとめるものでしょうか??
by ayu15 (2011-06-13 09:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5