So-net無料ブログ作成
検索選択

オレステイア [芸術]

 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように
一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
2012年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21
2013年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-02-13


初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1



 昨年の8月に東京赤坂で
クセナキスの「オレステイア」
の公演がありました。

なんか怖い作品でしたが・・・。

  10月25日読売新聞にこの作品の批評が出ていました。
評論家?はどう見たのか気になりました。
書かれたのは望月京(みさと)さんです。


クセナキスの「オレステイア」のお話は
イギリスの漁村を舞台に疑惑の漁師とそのただ一人の味方を村全体で疎外弾圧する物語です。
程度はともかく今の日本でもそこらじゅうに転がってそうな構図ですよね。

尖閣の諸問題・いじめ・差別・バッシングなど無理解と不寛容の悲劇は国境も時代も超えて依然切実な現実だと評しています。
早回しも編集も効かない時空間で「他者の物語」に身をゆだねる
これが他人事がわがことのようにしみこんでいく。
こういうのなどを述べられていました。


 最後にこういうのが書かれていました。
「ポピュラーでない音楽」の存在価値は容易に聞き流せぬその性質こそ認められ得るのではないか。
 例えば大衆に迎合しない少数派の「異議申し立て」としての音楽。
それは外国語であっても強いショックをあたえ偉大な公共性をもちうる・・
以上


 いじめ・差別・バッシングなどいろいろな無理解と不寛容の悲劇は今の日本でもそこらじゅうにウヨウヨしています。
救済求める声に「特権階級だ」「不公平だ」とかひどいことを言う人が政治家や有識者でさえもいます。

ほんとひどいです。


もうバッシングはうんざりです。



経済演劇 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-09-07-1

ピアノコンクール http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-11

自由は不安?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-06-05-1

素直になれなくて http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-29 ドラマ

Die Welle http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-18 映画紹介
私を愛して http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-16演劇紹介
テンペスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-14 ドラマ
空の防人 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-04-06ドラマ紹介
全開ガールVSだんご虫http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-08-29ドラマ紹介
フランケンシュタインhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-01ドラマにみる悲劇

東京 Voice http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-09ドラマ

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 1

ayu15

みなさまナイスありがとうございます。
無理解と不寛容の悲劇からぬけだしたいものです。
by ayu15 (2013-04-15 17:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0