So-net無料ブログ作成
検索選択

共にいきる   みんなが社会的にいじめられることなく社会生活おくれるように [法律・制度]

 life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 


一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪
個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪


日記リストhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



 「地球が動いている」といい死刑になった人がいたの覚えてますか?

中世では魔女狩りが横行し、教養ある女性が社会からのけ者にされたりしました。

宗教・道徳は人を助けるけど、時には人を追い詰めたり殺す「武器」にもなった歴史があるようです。




ナショナルジオグラフィック ニュース

同性愛行為が犯罪となる国々December 12, 2013
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20131212002

記事より
「ビクトリア朝時代のこの古い法制度は、インドやジャマイカ、カリブ諸国など、イギリスが統治下の植民地に持ち込んだもので、“バガリー法”と呼ばれる。
以上


バガリー法の歴史
以下記事より
「バガリー(buggery)」とは、反自然的性行為を意味するソドミー(sodomy)の古語で、男性のみを対象としている。こうした法制度が残っている国でも、女性同士の同性愛行為が犯罪とみなされるケースは少ない。同性愛を取り締まる刑法の執行力は国によって大きく異なり、撤廃とまではいかなくても、何十年にもわたって徐々に有名無実化している場合が多い。

 例えばカナダでは建国以来、厳罰を科するソドミー禁止法が制定されていた。1859年にイギリスのソドミー禁止法をカナダ法規として採用、罰則に死罪を設けて1869年まで厳罰化された。1892年には大幅に改定され、男性の同性愛行為はすべて「品位にかける淫らな行為」とされた。

 20世紀中頃に再度改定が行われ、同性愛男性は「犯罪的性的精神病質者」や「危険な性的違反者」とみなされる。エバレット・ジョージ・クリッパート(Everett George Klippert)さんは1965年に性的違反者として起訴され、無期刑の「予防拘禁」刑(いわば終身刑)を言い渡されたが、1969年に同性愛行為が合法化され、2年後に出所した。
以上


なんか魔女狩りレベルのひどい価値観ですねえ・・・。


他にもこういうひどいのがあります。

結婚を強要される少女たち
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130315004
女性器切除、根絶の日は来るか?
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130729001




身の危険がある国・人権侵害国

 「アフリカで同性愛行為を取り締まる国は38カ国に上り、その多くで厳罰化されている。また、一部の国では、LGBTの人々が同性愛者というだけで逮捕、拘留され、刑務所に送られている」とディトリッヒ氏は指摘。


カメルーン
  同氏によると、カメルーンはその筆頭国で、同性愛行為には罰金と最高5年の懲役刑が科せられる。



ジャマイカ
 カリブ海には、男性同性愛者を禁止するバガリー法が残る、元イギリス植民地が11カ国ある。ジャマイカもその1つで、同性愛行為を禁止する法律が1864年に制定された。執行例はほとんどないが、最高10年の強制労働が科される。



ウガンダ
 ウガンダでは、アフリカの中でも特に厳しい刑罰が待っている。同性愛行為が発覚した場合、懲役14年から終身刑が科され、さらなる厳罰化を求める政治的な動きもある。



ブルンジ
 2009年4月、ブルンジでは、同性愛行為を違法とする法案が下院を通過。違反者は、2カ月から3年の懲役刑を覚悟しなくてはならない。法案は上院で却下されたが、その後も、ピエール・ンクルンジザ大統領は下院とともに法案の成立に向けて取り組んだ。


イラン
 1979年のイスラム革命後に制定されたイラン・イスラム共和国の刑法では、同性愛者には死刑が科される。また、公共の場でキスを交わした場合は60回の鞭打刑。


カタール

 2022年のワールドカップ開催で、同性愛禁止法が注目を浴びている。同国では同性愛は違法であり、最高7年の懲役刑が科される(相手が16歳未満の場合は終身刑)。 一般法である刑法に加えて、イスラム教徒にはシャリーア(イスラム法)が適用される。既婚者の同性愛行為は死刑であり、未婚の場合は鞭打刑に処される。
以上




以前こういうの見つけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121201-00000017-mai-soci
期限切れです。[あせあせ(飛び散る汗)]

記事より
 「婚外子差別の廃止」と「性的マイノリティーへの差別・社会的排除をなくす」については、自民のみ「反対」「どちらかといえば反対」と答えた。
以上


婚外子差別の廃止はやっと違憲判決出ました。
 裁判所判決出てもそれでも「差別」したがる人が自民にいっぱいいるのは、まだ記憶に残るところです。
差別廃止にに反対したそうですよ。
こういう人が「規律だ!従え!義務だ!」なんていうからほんとひどいものです。[パンチ]


障がいかかえても当人は一生懸命生きようとしています。
それでもひとりの男性であり女性なんです。

自己努力する人たちの前に立ちはだかるのがこういう政治家や世論です。自分らの思う「規格」から外れたら認めようとしないんですよ。自分たちは認めても・・・。


 お互い認め合うという気持ち起きないみたいですねえ。
病気や障がい(社会的障害も)かかえてもなんとかしようと生きてるのに。

自己決定http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-23










世界人権宣言
1948年12月10日に国際連合第三回総会で採択

第七条
すべての人は、法の下において平等であり、また、いかなる差別もなしに法の平等な保護を受ける権利を有する。すべての人は、この宣言に違反するいかなる差別に対しても、また、そのような差別をそそのかすいかなる行為に対しても、平等な保護を受ける権利を有する。



第九条
何人も、ほしいままに逮捕、拘禁、又は追放されることはない。





第十条
すべて人は、自己の権利及び義務並びに自己に対する刑事責任が決定されるに当つて、独立の公平な裁判所による公正な公開の審理を受けることについて完全に平等の権利を有する。





第十一条
1 犯罪の訴追を受けた者は、すべて、自己の弁護に必要なすべての保障を与えられた公開の裁判において法律に従つて有罪の立証があるまでは、無罪と推定される権利を有する。
2 何人も、実行の時に国内法又は国際法により犯罪を構成しなかつた作為又は不作為のために有罪とされることはない。また、犯罪が行われた時に適用される刑罰より重い刑罰を課せられない。





第十五条
1 すべて人は、国籍をもつ権利を有する。
2 何人も、ほしいままにその国籍を奪われ、又はその国籍を変更する権利を否認されることはない。



第十九条
すべて人は、意見及び表現の自由に対する権利を有する。
この権利は、干渉を受けることなく自己の意見をもつ自由並びにあらゆる手段により、また、国境を越えると否とにかかわりなく、情報及び思想を求め、受け、及び伝える自由を含む。







第二十条
1 すべての人は、平和的集会及び結社の自由に対する権利を有する。
何人も、結社に属することを強制されない。


第二十二条
すべて人は、社会の一員として、社会保障を受ける権利を有し、かつ、国家的努力及び国際的協力により、また、各国の組織及び資源に応じて、自己の尊厳と自己の人格の自由な発展とに欠くことのできない経済的、社会的及び文化的権利を実現する権利を有する。



第二十三条
1 すべて人は、勤労し、職業を自由に選択し、公正かつ有利な勤労条件を確保し、及び失業に対する保護を受ける権利を有する。
2 すべて人は、いかなる差別をも受けることなく、同等の勤労に対し、同等の報酬を受ける権利を有する。
3 勤労する者は、すべて、自己及び家族に対して人間の尊厳にふさわしい生活を保障する公正かつ有利な報酬を受け、かつ、必要な場合には、他の社会的保護手段によつて補充を受けることができる。
4 すべて人は、自己の利益を保護するために労働組合を組織し、及びこれに参加する権利を有する。



第二十九条
1 すべて人は、その人格の自由かつ完全な発展がその中にあつてのみ可能である社会に対して義務を負う。
2 すべて人は、自己の権利及び自由を行使するに当つては、他人の権利及び自由の正当な承認及び尊重を保障すること並びに民主的社会における道徳、公の秩序及び一般の福祉の正当な要求を満たすことをもつぱら目的として法律によつて定められた制限にのみ服する。
3 これらの権利及び自由は、いかなる場合にも、国際連合の目的及び原則に反して行使してはならない。





第三十条
この宣言のいかなる規定も、いずれかの国、集団又は個人に対して、この宣言に掲げる権利及び自由の破壊を目的とする活動に従事し、又はそのような目的を有する行為を行う権利を認めるものと解釈してはならない。




最低限、世界基準は守ってほしいものです。


あなたもみんなも、普通に生きれますように。
社会生活おくれますように。










東京 Voicehttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-09

胸のある男性と胸のない女性  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-14


自分でいられるhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-09-23

幸せな家庭にhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-01-31

二人の女性の叫び http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-05-25

体が入れ替わると http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-07 

同じ女・同じ人間http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-08-26-1

父親の尊厳http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31

社会的障害 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-11-5

父親の尊厳2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-28

人並みに生きたい http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-17

自己決定 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-23 自分らしく

入学http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-08-02

友情http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-07-21-1
あるドイツ市民の悲劇です。おすすめです。







☆AFP 2014年01月20日
性的指向の「矯正術」に立ち上がる同性愛者、中国 
http://www.afpbb.com/articles/-/3006900?ctm_campaign=relation&cid=3006915

記事より
受けた施術は、同性愛者の性的指向を「矯正」するという触れ込みで今、中国で利益をあげている業界の極端なビジネス例だ。

中国の同性愛者たちは多くの場合、異性愛者として生きるべきだという多大な社会的圧力に直面している。
以上

治療と言う名の性的拷問が・・・。かなりひどいですね。




☆AFP  2014年01月21日
「洪水の原因は同性婚」主張の議員に党内処分 英
http://www.afpbb.com/articles/-/3006915?ctm_campaign=must_read


差別偏見の政治家は日本だけではないです。[あせあせ(飛び散る汗)]



記事より
反移民・反欧州連合(EU)を掲げる英国の政党「英国独立党(UKIP)」は19日、英国に洪水被害が続くのは政府が同性婚を認めたせいだと主張した同党の地方議員を、党員資格停止処分とした。
処分を科されたのは、ロンドン(London)西郊の町ヘンリー・オン・テムズ(Henley-on-Thames)のデービッド・シルベスター(David Silvester)町議会議員。

首相率いる保守党に所属していたが、昨年にキャメロン政権による同性婚合法化の動きに抗議し保守党を離党した。


19日にBBC(英国放送協会)のラジオ番組で、同性愛は「治療可能な」病気だと語ったという


 かつてキャメロン首相から「奇人や変人、隠れ人種差別主義者の集まりだ」とやゆされたこともある英国独立党は、過激な思想を持つ人々を引き付けているという評判を払拭しようと努めている。
以上

治療が必要なのはこの議員のほうです。









生きれる  共に生きる

友と共に生きる  双角子宮編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-07-30

共にいきる 下半身麻痺の男性http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-23

『いのちのコール ~ミセス インガを知っていますか~』・・・子宮頸がん 
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-02

下半身麻痺の男性編http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-23


医療モデルと社会モデル http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-11-22

自分らしくいきれるように・・・ターナー症候群と先天性副腎過形成
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-08-11

共に生きる  ファロー四徴症 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-12-11

二人のママから君たちへ ..http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-09-13

共に生きる みんなが社会的にいじめられることなく社会生活おくれるように
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-01-14

ひとりのからだで http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-01-27

一人の男性の悲しい死 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-02-09

二人のママから君たちへ ..http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-09-13

みんなが社会的にいじめられることなく社会生活おくようにhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-01-14


秩序は怖すぎるわ  ハンセン病 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-07-27

こころのバリアフリー http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-05-27

自分らしく http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-06-11

もしあなたが歩行困難な状態で生活保護になったら?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-04-20


共に生きる 胸のある男性と胸のない女性  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-14


共に生きる  脳脊髄液減少症http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-06-10

二人の男性の叫びhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-07-10

男性の尊厳 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31

糖尿病の元http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-12-06医療研究

肺動脈性肺高血圧症
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-04-05

障害 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-12-08戦争による障害

人並みに生きたい http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-17

自己決定 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-23 自分らしく

五体不満足 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-06

入学http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-08-02

女の尊厳 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-09-14個・女としての誇り



クリスマスを奪った男 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-25否定しないで

社会的障害 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-11-5 偏見で人生狂う

人工心臓 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-30 普通に暮らせる社会に

HRT http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-02-19 治療法

性依存症 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-08-01理解されない病気


友情http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-07-21-1




人権月間  ある議員の考え方の問題 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-12-19
人権月間 人権意識 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-12-15
人権月間・障害者週間   茂木さんコメントより http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-12-11




nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 5

コメント 3

はせお

こんばんは。
宗教と法律のジレンマ・・・というのは、古今東西変わりませんね。
どうなるんでしょうか、世界は!?(^-^)
by はせお (2014-01-15 21:17) 

ayu15

はせおさんコメントありがとうございます。
みなさまナイスありがとうございます。

政治や宗教が人を苦しめる道具にならないことを願います。
寛容さを大事にしてほしいです。
by ayu15 (2014-01-16 16:34) 

ayu15

みなさまナイスありがとうございます。

こういう悲劇があちこちでおき後を絶ちません。


誰もが生まれてきてよかったよ思えますように。


宗教や政治が立場ぜい弱な人を追い詰める理由にならないように願います。
by ayu15 (2014-01-19 16:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。