So-net無料ブログ作成
検索選択

セクハラ思考の土壌 [社会問題]

 相次ぐセクハラヤジ。
多くは保守派?のようですが
こういうのはめずらしくなく、以前からヤジはひどいらしいです。

 有名なのはヤジじゃないけど
「あいつらどこかたりない」
「○○は終わっている」
なんて公言した政治家がいましたねえ。

訴えられても知りませんよ。

差別偏見・セクハラの考え方の人たちの言う道徳て?





☆1

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/index.html
首相官邸 教育改革国民会議


{子どものしつけは親がする、大人のしつけは誰がする?}

遠足でバスを使わせない、お寺で3~5時間座らせる等の「我慢の教育」をする

満18歳で全ての国民に1年ないし2年間の奉仕活動を義務づける。
{強制労働は憲法違反ですけど}

子どもを厳しく「飼い馴らす」必要があることを国民にアピールして覚悟してもらう 。

「ここで時代が変わった」「変わらないと日本が滅びる」というようなことをアナウンスし、ショック療法を行う 。

出産後の親業教育の義務化 。

バーチャル・リアリティは悪であるということをハッキリと言う 。

一定レベルの家庭教育がなされていない子どもの就学を保留扱いする。

他の子どもの学習する権利を妨げる子どもを排除する権限と義務を学校に付与する。

警察OBを学校に常駐させる 。

スローガン、目標を作り大人一人一人の生涯徳育を助長する 。

マスコミと協力したキャンペーンを行う。

改革を受け入れる基本的土壌をつくる。

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html





監視強化厳罰化が言われます。
個々の尊重がわがままといわれ
苦痛にたえられず自殺考える人達がでてきています。
そういう人に冷たい仕打ちが・・・。


人を画一的にしたがるようです。
最大の「安全保障」は個々の尊重でお互い存在できることだと思います。

お互い認め合いましょうよ!








☆2

 教育再生実行委員に抜擢した八木秀次(高崎経済大学教授→麗澤大学教授)の本「明治憲法」「反人権宣言」
「個人」という概念の否定と「家族」こそ単位であることが力説され、女性や子供の人権という思想が日本をダメにしたと書かれています。







☆3

http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/39a31c6976795a6ab22fb6825a8c5641?fm=entry_awp
家族主義への拘りをもつ安倍首相の思想と重なる「ヤジ」問題

ーー『美しい国へ』(安倍晋三著)から抜粋



『美しい国へ』安倍晋三著(文芸新書)

 「近年ジェンダーフリーという概念が登場した。生物学的差異や文化的背景もすべて否定するするラディカルな考えをも包摂する和製英語だ」(213ページ最後)


古典的ないしは封建的な男らしさ・女らしさの概念に囚われす、男女共に自由な発想で、より人間としての可能性を広げるというのが、ジェンダーフリーという思想の意味です。
gender-free とは、英語・米語であり、和製英語ではありません。



 安倍氏の同志、山谷えり子参議院議員は、ジェンダーフリーや「男女共同参画」の思想と実践を執拗に批判する議員として名高いですが、彼女は、その情緒論的な文をかの統一教会の機関紙『世界日報』に載せています。安倍氏と同じく「理想的な家庭の在り方について教えるべきだ」と書いています。
 安倍氏も統一教会と関係をもっていると伝えられますが、純潔を主張し、教祖が信者の結婚相手もすべて決めるという驚くべき宗教団体なのはどなたもご存知の通りです。個人の自由な恋愛、Make loveを固く禁じています。

以上


http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/39a31c6976795a6ab22fb6825a8c5641?fm=entry_awp





☆4
http://www.nytimes.com/2014/05/09/opinion/japans-pacifist-constitution.html?_r=0


日本の平和主義的憲法
http://www.nytimes.com/2014/05/09/opinion/japans-pacifist-constitution.html

By THE EDITORIAL BOARD MAY 8, 2014


Prime Minister Shinzo Abe of Japan is pushing for an expanded role for the Japanese military that would allow it to fight alongside allies beyond the country’s territory. He seeks to shoulder greater global security responsibilities by what he calls proactive pacifism.


日本の安倍晋三首相は、日本の軍隊が国境を超えて同盟国とともに戦うことを許すような役割の拡大を推し進めている。積極的平和主義と呼ぶものによって、安倍首相はより大きな世界的な安全保障の責任を担おうとしている。


 But he faces a major hurdle. Article 9 of the Constitution, which has been nminated for the Nobel Peace Prize this year, states the Japanese people “forever renounce war as a sovereign right of the nation.” Mr. Abe’s aim to change the powers of the military would require a constitutional revision, which would mean winning two-thirds approval in both houses of Parliament, followed by a referendum ― a very tall order. So instead, Mr. Abe seeks to void Article 9 by having the government reinterpret the Constitution. Such an act would completely undermine the democratic process.


しかし安倍首相は大きなハードルに面している。今年ノーベル平和賞にノミネートされている憲法の第九条は、日本国民は「国権の発動たる戦争・・・永久にこれを放棄する」と定めている。安倍氏が目的としている軍隊の権限の変更は、国会両院の3分の2の承認の上に国民投票を要するという、大変困難なものであるからだ。だから替わりに、安倍氏は政府に憲法を再解釈させて九条を無効にしようとしている。このような行為は完全に民主的過程をないがしろにするものだ。


Mr. Abe’s highest political goal is to replace the Constitution written and imposed upon the Japanese by the American Army following World War II. For 67 years, not a single word has been amended. Mr. Abe strongly feels that the Constitution imposes an onerous restriction on Japanese sovereignty and is outdated. Still, as critics point out, he should know that the Constitution’s primary function is to check government power. It is not something that can be altered by the whim of government. Otherwise, there is no reason to bother with having a constitution at all.


安倍氏の政治の至上目的は、第二次世界大戦後米国陸軍によって起草され日本に課された憲法を取り換えることである。67年間、一言も修正は入っていない。安倍氏は、憲法は厄介な制約を日本の主権に課すものであって時代遅れであると感じている。しかし、[安倍氏を]批判する人たちが指摘するように、憲法の主要な機能は政府の権力を抑制するものであるということを安倍氏は知るべきである。政府の思い付きで変えられるようなものではない。さもなければ、そもそも憲法などを持つ理由さえなくなってしまう。

As things stand, only the New Komeito Party, the junior coalition member of the government with a deep pacifist bent, could inhibit Mr. Abe’s ambition. Without New Komeito, the prime minister’s government loses its majority in the upper house, so Mr. Abe is doing his utmost to come up with a way toward a constitutional reinterpretation acceptable to New Komeito. The other eight opposition parties are in disarray. Mr. Abe has a strong hand, and Japan is facing a genuine test of its democracy.


現状では、深い平和主義傾向を持つ政権の少数派連立メンバーの公明党だけが安倍氏の野心を抑えることができる。公明党ぬきでは、与党は参議院で過半数を失う。安倍氏は公明党に容認可能な憲法再解釈への道を考え出すことに最大の努力を払っている。他の野党8党は足並みが揃っていない。安倍氏の出方は強気であり、日本の民主主義は真正な試練に直面している。


原文は
http://www.nytimes.com/2014/05/09/opinion/japans-



以下のはこのページにありました。
http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html

飼いならし2.JPG

飼いならし.JPG




別サイトにあった調査です。

政党.JPG

政党2.JPG








自分らしく  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-06-11


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 1

ayu15

Moselさんナイスありがとうございます。

発言よりその空気とか後ろが気になります。
by ayu15 (2014-08-09 08:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。