So-net無料ブログ作成
検索選択

責任の持てない大きさ  集団的自衛権編 [社会問題]

 life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪

日記リスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1





 責任の持てない大きさ  集団的自衛権編
 

 今、集団的自衛権でもめています。
自民党は強引に成立させたいようです。
審議は充分なんて言ってますが、時間は長いかもしれませんが中身がありません。無駄遣いにみえます。まともな答弁してほしいです。ヤジの応酬もあるようです。中身の濃い有意義な議論とは言えないと思えます。


 国に権限与えるということは個人の「主権」をその分制限することになります。
マイナンバー(個人情報収集・集約法)
秘密保護法(秘密隠ぺい法)
集団的自衛権(戦争法案)
いずれも政府に強大な力を与えます。

政治家や官僚・警察などの治安機関にそんな大きい力を与えるに値する信頼はありますか?

この人達は憲法遵守の義務があります。与えた力・多数の空気・「権力」などから個人の「主権」を守る唯一の法的な力です。
憲法違反だと訴えてもそれが届きますか?





 年金情報流出は覚えてますか?
権限行使して国民の個人情報管理したのはいいけど、個人情報流出させてしまいその対策や補償に税金でという事件です。



マイナンバーとなるとその怖さはけた違いですよ。
そんな中
こういう記事がありました。




http://mainichi.jp/select/news/20150729k0000m010135000c.html

安全保障関連法案を審議する参院平和安全法制特別委員会は28日、安倍晋三首相が出席し総括的質疑を行い、実質審議入りした。首相は集団的自衛権行使の判断について「(行使が可能となる)新3要件に該当するか否かは、攻撃国の意思や対応、推移などを総合的に判断するが、意思については形式上、日本を攻撃する意図はないと隠していることもある」と述べ、対象国が攻撃の意思を表明していない段階でも行使は可能との見解を示した。

毎日新聞 2015年07月28日より





 「日本を攻撃する意図はないと隠していることもある」by総理
まあ確かに可能性はあります。


宣戦布告が間に合わないこともあります。
第二次大戦で日本は宣戦布告をした(と主張する人)
アメリカはうけとっていない(と主張する人)
これもその時は「特定秘密」だったはずです。その時に新聞にでも書いたら政府に厳罰処せられたでしょう。




アメリカが攻撃されると防衛戦争したブッシュ政権
判断した詳細も当時は「特定秘密」かも。
相手のイラクに攻撃の意思があったのかは当事者の当時のフセイン大統領がいない今、仮説しか出せないでしょう。

大量破壊兵器はみつからずデマなのか誤報を信じたのかこれも「特定秘密」でしょう。









  仮想現実について

 自民や推進する声の少なくない声はかつて原発批判を仮想現実だといい取り合わず
偏った主義主張とし抑圧してきました。ところがそれが現実のものになったのは誰もが知るところでしょう。

 将来は誰も正確に明確に予測できないでしょう。
うちの指摘する不安はよく当たりますが正確に明確ではありません。
本当に日本に対抗できる軍事力のある国が100%攻めてくることはないとは誰も言いきれない
でしょう。

 でもねえ~原発批判を仮想現実とし抑圧した反省の上でなんて答弁したのは聞いてませんよ。


 日本に対抗できる軍事力のある国が攻めてくる可能性はありますがこれは仮想現実です。
でも原発も貧困も仮想ではなく現実に今起きている深刻な問題です。





ゼロリスク

 推進する声(特に自民党)は軍事安全保障の「ゼロリスク」を目指すようです。



原発にはゼロリスク目指さず多少のリスク引き受けろと言います。
介護はリスクだらけです。次々介護殺人や介護の疲れから家庭不和や崩壊が起きています。
貧困もリスクだらけです。
生活保護も放射性物質もダダ漏れです。ゼロリスクは程遠いようです。





仮想現実も当然考えるのはありだと思います。
でもそれにむきになり強引に進め 今起きている現実の深刻な問題は未解決でいいのでしょうか?


どこかの国が攻めてくる前に家庭崩壊・人生を終える主権者が出てきているのですよ。 [exclamation]
国家主権ではなく国民主権なのですよ。








権限行使と義務・責任能力

自民は義務が大好きです。
秩序第一です。
集団的自衛権はとんでもない大きい力を発揮します。
この大きな力(影響力)を発揮する権利に対する責任能力は??


集団的自衛権は国際法上現実考えて認められた権利です。
それ自体は論点ではありません。


問題は責任とれる能力があるのかです。
ブッシュ政権は権利を行使しました。
でも責任はもつ能力はないため「イスラム国」のテロが激しく余計に安全保障上の脅威を高めてしまいました。
釈迦保障けちり膨大な安全保障費をねん出する羽目になりました。
権利は行使できてもその責任は意思があっても能力が伴わないのです。




集団的自衛権の権利行使は大きい効果はあるかもしれません。
でも政府や推進するメディア・世論に能力はありますか?
税金で処理するのが落ちですよ。







賞味期限

答弁には賞味期限があります。
誰しも変わることはあるでしょうけど、理想軽視だと答弁はその時の現実でころころ変わります。
賞味期限が切れた答弁の紹介などかいているので詳しくはこちらを

2015-06-19答弁にも賞味期限があります
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-06-19







① 攻撃されると正しく判断できるの??

② 仮想現実と今起きていること

③ ゼロリスクをどこまで求めるの?

④ 権限行使と責任能力

⑤ 答弁には賞味期限





戦後をどうみるの   集団的自衛権
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-06-03

マイナンバー即時廃止を!
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-09-10

個人の自由と組織の自由   逆走社会 
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-01-25

騒ぎの裏で・・・ 仮称個人情報商品化法と犯罪収益移転防止法
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-07-26

フェイスブック
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-10-08

国家主権は怖い
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-06-27

卵と鶏?
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-07-27

束縛魔のダーリン  7月21日編
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-07-05

5対1   ・・・自己犠牲求める声
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-05-29

丸裸状態 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-10-14安全対策の監視強化

裸にされる「あなた」http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-05-31

束縛魔のダーリン  クリスマス編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-12-10

ダーリン http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-12-03

強制は嫌http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-03-07 自由を守る

道徳が怖いhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-03-02 大切な物とは

慣習・文化の尊重 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-03-19人権より伝統?

後悔してからでは遅い! http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-08-25 道徳世論より親

警察社会はやだなあ・・http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-06-29


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。