So-net無料ブログ作成

緊急事態 [世界]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



トルコではクーデター未遂事件をうけて緊急事態宣言です。
反大統領派からみたら粛清そのものです。
大統領側からは規律・秩序なのかも。

とにかく批判する人たちをつぎつぎあぶり出し逮捕したり追放をしています。

テロが相次ぐフランスも緊急事態です。
両者の違いは憲法とも言われています。トルコは憲法で国権強化国民の自由制限です。


日本ですけどこういうのがありました。



「国家総動員法」 昭和13年に制定
http://www.archives.go.jp/ayumi/kobetsu/s13_1938_03.html

「総力戦遂行」のために国民や物的資源を政府が運用できるとした法律

「憲法違反ではないか」という反対も強かったが政府や陸軍の決めれる政治で可決。

以上






昔、こんな議論があったそうです。

軍機保護法が大幅に改正された当時の帝国議会の速記録の軍や政府側の答弁

 議員 「これもあれも秘密となると、非常に危険なことがありはしないか」

 陸軍担当者 「決して国民に目をふさぎ、耳をおおえというような、昔の代官時代の立法でない」



 国政調査への悪影響を懸念する指摘

 議員「予算を審議するにおいて何個師団増して、人件費がどのくらいということは当然調べなければならぬ。尋ねれば監獄にぶち込まれるとなれば憲法政治の根底的の破壊である」 

司法省「危険な運用はいたしおらぬつもり」




危険な運用しないつもりだったんですね。
でも現実はどうだったのでしょうね。
おじいさんかおばあさんにきいてみたらどうでしょう?



ある知人いわく
某国による侵入より保守派の価値観がもたらす叩きのほうが「存立危機」をもたらしています。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0