So-net無料ブログ作成
検索選択

円はどこに消えたの? にわとりとたまご編 [社会問題]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1




相次ぐ大災害でほんと大変ですよね。

震災で車中死が続出しています。
阪神淡路・東北と比べても異常らしいです。
仮設住宅はおくれています。
ボランティア叩きがうようよしました。
介護などいろいろボランティアがまだまだ足りない(読売新聞)





以前書いたにわとりとたまごを別の題材など使い「円はどこに消えたの」シリーズで新たに書いてみました。







 政府の財政難が深刻といわれています。

国民一人当たりは○○と報道されます。 それはかなりの額ですよね。

でもちゃんと読めばこの金額を借金しているのは国民でなく政府だとわかるでしょう。
国民の借金という印象与えていますが。 まあ税金で成り立つので、似たようなもの?????



保守派やネット世論はよく言います。
基本は家族
自己責任
自己努力

などです。

一見、一理ありますが考えようによっては「あれ~」ということも。


この国の憲法は戦前と違い人権憲法です。
戦前は国ありきの傾向みたいです。 戦後は理念上は違います。最低限の生活の保障は明記されています。
でも最低限がどの程度かは意見がくい違うようですね



ある人が相談するとこう言われました。
「まずとれるところからです。家族で一番収入あるところからもらうようにしましょう。」
基本は家族なのですから。
つまりいいかえると「全員貧困にならないと行政からは出せません。」という理屈になります。 そうでないとうようよするネット世論がたたきだすでしょうね。



増え続ける生活保護が財政圧迫しているという見解の人が少なくありません。某新聞もです。 そのためかなり厳しくなっているようです。



 ある見解があります。
結婚する時事前にチェックすること は相手方の家族に生活保護の恐れが高い人がいないかどうか?!
これ大事です。 基本は家族なのですから、あなたたち夫婦が経済支援の義務を負うのですよ。
収入があるのに家族が生活保護うけたことでうようよする声から袋だたきされた人もいます。

 自分らに収入があるのに家族が申請したら袋叩きの例はいくつもあるようです。
自己責任自己努力は求められても自分の権利は主張してはいけません。
それは特権階級とみなされうようよする声・保守派の攻撃目標にされ袋叩きにあう可能性がありますから。


 また認知症になってしまうと監禁されることになります。 ますます病気がひどくなるでしょう。
これは監督責任求められ、損害賠償を請求されるかもしれないからです。 先日の判決でも、事例によっては求められる可能性は少なくなさそうです。








 病気・各障害・同性愛など生まれてくる子供がなる合もあります。
産まないと「選別するな!」叩かれます。 産んだら親の責任になります。保育所入れなくてもそれは親の責任になります。 (自民党政治家の見解にもあります。)権利言うと保守派政治家やうようよする声からたたかれます。


 アメリカではまず自分たちがいて後から、西欧に対向するために(独立のためなど)国を作ったらしいです。したがって憲法は国の義務です。国が自分たちの本来ある権利をできるだけ侵害しないようにです。
(やがて拡大解釈で権力は肥大)


日本では国ありきの傾向ぽいです。特に保守派はそれが強そうです。


 道徳叫ぶ政治家や世論がうようよしてるのに この社会の敬老精神はどこにいったのでしょう?
is(イスラム国)・トロンプ氏・クルーズ氏など宗教道徳右翼・「過激保守派」が世界中に蔓延しています。 つらそうな個人を追い詰める袋叩きが世の中に蔓延しています。
監視強化・厳罰化・だけでなくいろいろな抑圧があります。人や社会によって内容や程度も違うでしょう。


 世の中、怒りの感情・既存への不満があります。そしてそれらがどこかに向かいます。
テロリストや道徳宗教右翼はこれらは個人の尊重より集合体優先で均質を好みます。
一説ではイスラム女性テロはすごい抑圧された環境から来るとも言われています。(読売)


 アメリカの大物保守議員は自分の娘が同性愛とわかると同性愛批判は抑えるようになりました。さすがに我が子を追い詰めることはしてはいけないと自覚できたようです。
あるイスラム社会では子供が同性愛とわかると「不名誉だ」と殺害しました。

 この社会は安心して老後を送れません。特権階級・不公平・老害とたたかれることもあります。
収入がなくなり年金だけの高齢者には不安だらけです。
現役世代も社内の生存競争で消耗しています。いつリストラにあうかもわかりません。


 子供も産みやすい環境とはいえません。 そもそも産む権利が抑制状態になっている人だっているみたいです。

 結婚も大変になりつつあります。
低所得は結婚の妨げになります。自己責任論は重くのしかかります。
ていうか未だに結婚が認められていない人たちもいます。
機会均等はまだ夢物語でスタート地点にすら立たせてもらえないのです。

 主要国比較では学費は高く・奨学金はほとんどありません。(奨学金という名前の奨学ローンはあります)
親の収入が機会を奪うことも少なくなさそうです。
生活費や学費はらえずやむを得ず風俗バイトすると保守派政治家から批判され救済を否定されます。




 世界3位のGDPの日本 。そんな貧乏な国なんでしょうか? 円はいったいどこに消えたのでしょうか??

 道徳いうわりに不道徳な叩き世論が横行しています。
まな板の上のコイの人を叩いていてはいけないと思います。
監視強化・厳罰化・だけでなくいろいろな抑圧があります。人や社会によって内容や程度も違うでしょう。
世の中なにかがおかしいです。




 私たちは苦手なこと得意なことそれぞれ違います。 叩きあいでなく手を差し伸べあいませんか?
自己責任・自己努力求められ、心ないネットの叩き世論があるにも関わらず、多くの方が様々なボランティアに関わっています。 なかには専門技術をもち本来業務で言っていいはずの方だっています。

 まだ日本もすてたものじゃありません。
お互い認め合う社会に向かいますように。















円はどこに消えたの? にわとりとたまご編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2016-09-16
円はどこに消えたの? アベノミクス編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26
円はどこに消えたの? アベノミクス編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2016-04-06
円はどこに消えたの  消費者物価指数編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-05-27
円はどこに消えたの?  http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-25-2
円はどこに?  みんなの分はあるの? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-10-12




nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 1

ayu15

皆様、読んでくださりありがとうございます。なぜGDP3位なのにこんなにもお金がないのでしょう?
by ayu15 (2016-11-09 11:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。