So-net無料ブログ作成
検索選択

保守するものを間違えないでね 災害ボランティア編 [社会問題]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



 災害時の助け合いをどうするかが議論されたりします。
 保守的な政治家やネット世論で「ルールはルール」「悪は許さない」というのが 目立つように思えます。ルール無視では問題が起きますよね。
 一例でダンス問題が以前ありました。 ダンスは風営法の対象でダンス教室でさえ適応可能です。ダンスさせたら違法行為で逮捕も可能というとんでもない法律でした。 それに対しルール守れ!の声もでました。(大阪での事件は無罪判決確定)


 
 今日はボランティアバスを題材に考えてみます。


「ボランティアバス改善策検討へ 」
こういう記事がありました。
ボランティアから運賃を取る有料のバスにしようという案です。
記事からは情報不足で推測だらけです。



営業バス(グリーンナンバー)で2種免許もって運転手で営業許可とっているかどうかが問題になると思われます。 これがないといわゆる白タクと同じになるからです。 安全管理もできているのかもわからないですよね。


 バスの運行にはそれなりのお金がかかります。企画側が負担するかどうかが問題になります。
今の時代はおかねが人を動かす時代です。当然、運行費用をどうするか考えるでしょう。


ボランティアに行く側からみたら、バス代まで支払い(いわゆるもちだし)までしていくというのはハードルが上がります。




 1年近く前ですが介護関係とか被災地の人手が不足していると報道にも書かれていました。
本来、お給料もらえるような人までボランティアで行ったりもしています。
一部にはボランティアと住民とのトラブルは起きえるようですが、問い合わせしただけでネットで叩かれる時代です。

給料もらえ 公務でいく自衛隊などは総理などから称賛されます。それなのにボランティアはネットで批判され、自己責任で宿泊所確保しなさい・交通費や集団も自分で!・食事も自分で!・でいいのでしょうか?
 






お互い「ボランティア」に限らず手を差し伸べあえる土壌を育めたらと思います。
叩きあいでなくお互い配慮しあう。排除しない。とどめ刺さない。
これらは個々の尊重の大事な要素です。

個々の尊重が憲法本文から削除されかかっています。

おかねは人のために人が発明した英知だったはずです。
ところがいつの間にかおかねが良くも悪くも「権力」になってしまいました。


保守するものを間違えないようにしませんか?

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。