So-net無料ブログ作成
検索選択

答弁には賞味期限があります  文書がない

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1






 私達の暮らす社会はいいところもあれば問題もあります。

「自己責任です。」といい追及する記者に切れた大臣が辞任しました。誰しも失言はあります。誤りもあるでしょう。
 ですが権力や権限などを踏まえて考えてみます。




 答弁は良くも悪くも変わります。事例は以下の日記どうぞ。
答弁にも賞味期限があります http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-06-19



 原発が安全ではなかったのは否定しようがありません。「地震があったから」は認められません。地震が来ても安全性が確保される必要があります。また万が一の時の対策は充分ですか??


 日常会話と違い、強い権限を行使する場合は公式の場での答弁は重要でしょう。


 個人を管理し国権強化が進んでいます。
どんなに「大丈夫だ」と言われても信用できません。





資料
 
読売新聞3月30日
情報監視審査会2016年年次報告書

15年末で政府が指定した特定秘密443件
行政文書が存在しないもの166件
実際に情報が存在しないものは15件



資料『帝國議會 衆議院議事速記録45 第五〇回議会上 大正一三年』

以下記事より抜粋
○國務大臣(若槻禮次郎君

思索の自由を許して置かぬければならぬと云ふ御議論に對しては、私も全然同感であります、而して現内閣は思想の研究について、壓迫的方針を採って居るや否やと云ふ御質問に對しては、決して左樣な考えはありませぬ、言論文章の自由は何所までも害せないやうにせぬければならぬと云ふのは、現内閣の心懸けて居る所であります


併し是には一定の制限があります、國體を破壞しても、經済組織の根本を破壞しても、言論文章は自由であると云ふことでは國家の治安を保つことは出來ませぬ(拍手)、それであります故に言論文章の自由は何所までも尊重致しますけれども、其害毒最も甚しきものは取締まって置かなければならぬと云ふのが、今日此治安維持法を提出した所以exclamation ×2



○安藤正純君
此法案は最も極端なる者を取締らうと云ふのであります、最も國家社會に害毒のある者を取締らうと云ふのであります、其事柄と新聞紙法の若干改正を行ふと云ふことは、思想の上に於て何等牴觸することの無い事柄と私は信じて居ります、

『帝國議會 衆議院議事速記録45 第五〇回議会上 大正一三年』

http://murasame.s42.xrea.com/topix/2006/Conspiracy_Crime.htm#wakatuki


 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0