So-net無料ブログ作成
検索選択

情報問題  消防車でうどん店騒ぎ編

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1






今日は消防車でうどん店騒動が題材です。 


SNSで一言が多い時代です。
「消防車でうどん店寄る 一宮市消防団員7人 」こういうタイトルみて人はどう思うでしょうか?

で、実際に記事本文を読むと
記事より
消防車でうどん店寄る 一宮市消防団員7人
一分団の7人が終了後、うどん店に立ち寄った。

市民の指摘
「消防車がうどん店にあった。おかしくないか」
見解
「消防車で飲食店に乗り付けるのは非常識」
理由
「次の予定があり、このタイミングで昼食を取るしかなかった。軽率だった」
以上


 報道の印象では、論点 は「消防車を交通手段として使っており、・・ 」だと思います。
うどん店に立ち寄ることは論点にはなりません。
緊急車両の公用車を使ったことが議論の対象になります。
(情報不足で規則上は不明)


 ですが問題はそこではないと思えます。 生活保護・森友だけでなくあらゆるところで個人批判が強いです。「個人が悪い。私も批判します。」という声が目立ちます。
 それに対して疑問を感じます。なぜこうなったのかという環境も考える必要があるでしょう。

 SNSのつぶやき時代で問題は深刻化していると思います。




http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017042690090013.html
消防車でうどん店寄る 一宮市消防団員7人

2017年04月27日
うどん店に消防車で乗り付けて口頭注意 「問題あるの?」ネットで意見紛糾
http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/26/udon_n_16281954.html





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0