So-net無料ブログ作成
検索選択

パレスチナの悲劇 陰に隠れた少数者・女性問題 [世界]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



封鎖や空爆などが問題になっているパレスチナ関連です。


読売新聞
11月7日7面

パレスチナ人がイスラエル人を襲撃だそうです。


旧市街にある神殿の丘(ハラム・アッシャリフ)があります。
ここはユダヤ教にとって最も神聖な場所だそうです。
同時に、メッカなどに次ぐイスラム教聖地でもあるそうです。

政府は宗教行為をここで禁止しているそうです。それに不満な右翼が礼拝をしています。それに不満のパレスチナ人が殺人含む襲撃をしているそうです。


今年夏の自治区のガザの軍事衝突以降、武力で抗議容認論がパレスチナでは高まっているそうです。




読売新聞5月4日 6面
「イスラエル人若者が襲う」
記事によると12歳女性を含めた犯行だそうです。
9月から3月までにイスラエル人襲撃事件約260件。うち、18件は12~16歳少女によるものだそうです。
こういうやり取りがあったそうです。
「ユダヤ人を殺しに来たのか?」
「はい」

動機
イスラエルに拘束されたパレスチナ人記者がハンストの写真を見て
「記者が死んだら残された子供の面倒を誰が見るのかと心配で胸が締め付けられた。」
と語ったそうです。
自治政府によるとある学校では70人の子供が刃物を所持していたとあります。

SNSでは実行犯が英雄視されているそうです。

記事の最後にこうあります。
「パレスチナのように保守的社会で活躍の場が制限される女性ほどその傾向が強くなる。」
以上

続きを読む


共に生きる  私だって女性です ロキタンスキー症候群 [人権]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1





 
 ロキタンスキー症候群は“女性器が存在しない”とつげられるあまりにも過酷なものです。

女性性機能の欠損を主徴とする「Rokitansky(ロキタンスキー)症候群」は、聞きなれませんが、女性の5000人に1人の割合であるらしいです。
これがどういう深刻なことになるかわかりますか?!
もう地獄です。

 ここまで深刻ではないけど乳がんなどで乳房を失った人も精神的にダメージをかかえたりします。
誰しも可能性はあるのです。




通常の女性の性機能を持たない少女の事例です。
「Rokitansky(ロキタンスキー)症候群」をは名前が違いますが女性の性機能の欠落という重大な点は共通しています。

以下記事より
少女は5か月にわたり壮絶ないじめの被害に遭った。少女の母親曰く、複数の男子児童から唾を吐かれて床に蹴り倒され、頭から水を浴びせかけられ、授業で使うノートにはペニスの絵と共に「女装野郎」「気持ち悪い」といった暴言を殴り書きされたりしていた。

そして2月1日に少女は同じ学年の男子児童から「BB銃」で攻撃され、その銃弾(メタルボール)が肩に当たった。
以上




 


 先天性多毛症・多嚢胞性卵巣症候群(http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2016-11-18)を併発している方ておられるのでしょうか?
もうあまりにも残酷で想像したくないです。


 自分の身体の状態だけでも自殺考えるぐらい深刻です。それをさらに追い詰めるのが保守的な見方です。

以下記事より
「私が苦しむのはここがアテネだから。人々は精神的にとても保守的で閉鎖的、まるで中世の人々みたいだわ。かつて私もこの苦しみを誰かに聞いて欲しくてたまらなくなり、2人くらいの女性に悩みを打ち明けたことがあるの。どちらも恐れをなしたのか、私の前からいきなり消えてしまったわ。
以上


また報道の仕方もとても問題です。
いじめにあうかもしれない人に、慎重で当事者の気持ちを汲み取った配慮が求められます。
権力に配慮するのでなくこういうのに配慮するものでしょう。

以下記事より
「最近のトランスジェンダーに対する否定的なメディア報道がきっかけで、トランスジェンダーの子供たちがこうしたいじめの対象になるというケースは増加しています」
以上



世界にはうようよと心ない声があふれています。ただでさえ辛いのにうようよする声は追い詰めていき心を殺していくのです。
人としてしてはいけないのです。
ちゃんと一人の女性として接してあげてください!!お互い認め合いましょう!




お互い手を差し伸べあいあたたかく迎える社会にしていきませんか?




http://japan.techinsight.jp/2016/04/yokote2016042010440.html
http://japan.techinsight.jp/2017/02/ellis02091147.html/2


続きを読む


共に生きる  ヘイトクライムがあふれるネット世論

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1






 この日記は政治的運動ではありません。個々の人が生きれることを願うものです。
アメリカではトランプ大統領が誕生しました。日本では安部自民批判が嫌いなネット世論があふれています。両者にはいろいろ似たところがあるようです。


 ユダヤ人大虐殺思考と方向性が似たバッシングがあふれています。昨年は同性愛の方へのヘイトクライムによる大規模殺人事件が起きています。日本でも精神に障害抱えた方への大規模殺人事件が起きています。

うようよするネット世論は方向性として殺人犯と似ているように感じます。

 共に生きるということがなぜ大人になるとできないのでしょう?






続きを読む


2017年日記リスト [日記リスト]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 
個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪

日記リスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



4月
成功した部分と問題の部分 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2017-04-10
情報のひとり歩き    フジテレビなどにみるネット世論問題 
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2017-04-05


3月
報道のひとり歩き  森友編http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2017-03-27
パレスチナの悲劇 陰に隠れた少数者・女性問題 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2017-03-23


2月
共に生きる  私だって女性です ロキタンスキー症候群
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2017-02-12
共に生きる  ヘイトクライムがあふれるネット世論
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2017-02-06



2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
2012年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21
2013年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-02-13
2014年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-07-07
2015年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2015-01-08
2016年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2016-01-12
2017年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2017-01-31

シリーズ物


Aさんの不安  老後偏 [社会問題]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1





こんな記事がありました。
■生活保護の受給世帯、過去最多に 昨年12月の速報値
(朝日新聞デジタル - 03月02日 19:47)



ある人の事情

国民年金しかないため
老後は生活困難で生活保護
メディアやネットで袋叩きにされ肩身が狭くこっそり生きています。
生活保護 と高齢者は年金受け取りすぎだとされて ダブルで袋叩きです。



 そんな人をみてきたAさん。
そうならないようにと 自己努力で保険・年金かけて苦しいながらもわずかづつ貯金もしてきました。



 デフレ脱却が言われて 生活物価はかなり上がっています。
(注意・・消費者物価指数はほとんど上がっていません)
収入は増えません。 保険・年金はどんどん目減りすることになります。
 年金受け取り始める親を見て 「ネットやメディアでは特権階級と叩かれるけど本当にそうなの?」と疑問に思い始めました。 将来自分も袋叩きされるのだろうかと不安な日々です。
 Aさんがこうもらしました。「この国の敬老精神はどこに行ったのだろう?」



この話にうちは何も言えません。
唯一いえるのは袋叩きのバッシングはやめましょう。

この道 [人権]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1




 安部自民党のコピーは「この道しかない」です。しかないというのはいかにも自民党らしいですねえ。
 ある日、民主党のチラシが入ってました。 (当時)
議員定数
賃金以上に物価上昇
雇用増えたけど非正規

この道を批判しています。
ものすごくまともなこと書いてます。


 後半には「対策があります」と書いてます。 でもこちらはなんか頼りなさそうな印象です。
自民も公約違反はひどいですが・・・。


 で問題です。
対案がなければ賛成しなくてはいけないの?
反対はいけないの??
おかしいことでも賛成しなくてはいけないの?


さらに問題です。
何とかミクス派もそれを批判する人双方にいますが・・・。


 賛成・投票した。=白紙委任ではないでしょう。
たとえば自民に投票したから増税の責任負えとかはおかしくないですか?
自民に投票したから、増税に賛成したと(世にいう民意を得た。)はおかしくないですか?
公約の全部に賛成したとは限らないのですよ!







 自由民主と名乗りつつ保守を自負してますが 自由民主を薄め保守するものを壊していくように見えます。 プーチン・エルドアン・ブッシュ・レーガン大統領・安倍総理。いずれも強い○○で支持集めて人権意識より国権意識が高いように思います。


 個々の尊重意識が薄いはずです。[あせあせ(飛び散る汗)]

保守するものをまちがえないでね ボランティア編


life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1










「ボランティアバス改善策検討へ 」
こういうニュースがでていました。





 「ルールはルール」  「悪は許さない」
これらは保守派といわれる政治家やネット世論でよく見かける論理です。

ある意味、一理はあります。 ルール無視では問題が起きますよね。
ですが違和感も感じます。


 一例ではダンス問題が以前ありました。
風営法の対象だからです。規制の対象になりダンスさせたら違法行為で逮捕も可能というとんでもない法律でした。 (大阪での事件は無罪判決確定)
 この時もルールはルールという声がうようよと。 [あせあせ(飛び散る汗)]




 本題 です。
記事からは情報不足で推測だらけです。



有償の場合、営業バス(グリーンナンバー)で2種免許もっていう運転手による運転。営業許可とっているかどうかが問題になると思われます。 これがないといわゆる白タクと同じになるからです。
安全管理もできているのかもわからないですよね。

「ルールはルール」 「悪は許さない」と個々の事情・尊重軽視で叩いてきた理屈で言えば当然違法で強く批判になるでしょう。




 バスの運行にはそれなりのお金がかかります。企画側が負担するかどうかが問題になります。
今の時代はおかねが人を動かす時代です。お金お金で振り回される時代です。
当然運行費用をどうするか考えるでしょう。
「ルールはルール」  「悪は許さない」という保守派政治家やネット世論で叩かれるときついでしょう。




ボランティアに行く側からみたらバス代まで自己負担(いわゆるもちだし)というのはハードルが上がります



 ボランティアの問い合わせしただけで叩かれる時代です。 ヘイトクライム予備軍がうようよしています。
確かに一部にはボランティアと住民とのトラブルは起きえるでしょう。
余談ですがこういううようよする声は自衛隊などの公務にはやさしく逆に苦情言うとたたかれます。

でもたたいていいのでしょうか?!!
介護関係とか不足していると報道(朝日でないです)にも書かれていました。
本来、お給料もらえるような人までボランティアで行ったりもしています。

自己責任で宿泊所確保しなさい。交通費や集団も自分で!食事も自分で!でいいのでしょうか?







 お互い「ボランティア」に限らず手を差し伸べあえる土壌を育めたらと思います。
叩きあいでなくお互い配慮しあう。排除しない。とどめ刺さない。
これらは個々の尊重の大事な要素です。 それなのに個々の尊重が憲法本文から削除されかかっています。

 おかねは人のために人が発明した英知だったはずです。
ところがいつの間にかおかねが良くも悪くも「権力」になってしまいました。


保守するものを間違えないようにしませんか?

守るものシリーズ


友と共に生きる  スティーブンス・ジョンソン症候群編 [人権]


life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1


共に生きるシリーズです。
近年各地で保守化が進み「存立危機」に追い込まれる人たちがいます。
「保守化」したネット世論や保守政治家の暴言に感化されいじめや迫害も相次いでいます。
心ないネット世論や保守政治家に感化されることなく優しい気持ちを保ちましょうよ。



 今回はスティーブンス・ジョンソン症候群です。
おきたこと (記事より )
 友人が「風邪の時に飲む」という抗生物質を1錠差し出したという。それを服用したところヤスミーンさんの皮膚は徐々に赤くなり目が充血。口内や鼻腔が焼けるような感覚に襲われ、全身火傷のような状態に陥ったそうだ。


説明 (記事より )
「スティーブンス・ジョンソン症候群(=皮膚粘膜眼症候群)」は極めてまれに起きる深刻な薬疹で、痛みを伴う皮膚の症状は熱傷さながらだが、さらに恐ろしいのは体の内部の粘膜を強く破壊してしまうということ。


対策は? 
同じ薬を飲んでも何も起きない人もいれば、胃腸障害や発疹を訴える人もいます。そして極めてまれにこのスティーブンス・ジョンソン症候群を起こす人がいます。残念ながらこうした薬疹は予測不可能で、市販の風邪薬でも医師の処方に従って飲んだ薬でも起こり得ます」と語っている。
以上

対策はなさそうな・・・。

売るのは商品だけでないみたいでも書いてますが
訴える消費者へのバッシングでなく、商品やサービスでおきた問題を知らせたり緩和させる仕組みを充実させてほしいです。







抗生物質1錠で命の危険が! 19歳女性を突然襲った「スティーブンス・ジョンソン症候群」(米)
http://japan.techinsight.jp/2014/12/yokote2014121212110.html

続きを読む


友と共に生きる  先天性多毛症・多嚢胞性卵巣症候群 [人権]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



 世界中で「保守派」による「いじめ」がネットを中心にあふれています。
どうして標準と自分が思う人にそぐわない、規格外の人をのけものにしたがるのでしょう。自分や友人がそういう風にいじめられても平気なのでしょうか?

 共に生きるシリーズでは病気や障害などで辛い人たちを取り上げています。
特にうようよする心ない声にたたかれる恐れのある方にも光があたればと思います・


 今回は先天性多毛症・多嚢胞性卵巣症候群です。

続きを読む


友と共に生きる   性的少数者への性暴力編 [人権]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1






東京新聞2015年11月19日夕刊6面

性的少数者
調査 2010年11~12年3月 50名

自殺を考えたことがあるのは27名

実際に試みて搬送されたなどの人は5名

支援者の無理解も指摘

心理的暴力31人
性的暴力28人
身体的暴力14人

以上


敗れたクリントンさんの演説です。
「アメリカン・ドリームは大きい。誰もが夢見て良いほど大きい。全ての人種、全ての宗教、全ての男性と女性(ここで声を大きくして強調した)、移民、LGBT、障害者。全ての人たちのものです」

以上





トランプ氏当選後、ティム・クックCEOがApple社員に送ったメッセージ

https://www.buzzfeed.com/johnpaczkowski/applee-jp?utm_term=.iq4RVan4X#.lidMkz2av


以下記事より
Apple社のチームが多様性に富んでいることに喜びを感じています。外見、出身地、信仰、そして誰を愛するかは関係ありません。

私は常に、Appleを一つの大きな家族ととらえてきました。もし不安を感じている同僚がいたら、ぜひ手を差し伸べてあげてください。
以上






対する保守派
前法王・自民党・ネット民・共和党(保守派)などなどはこれらを既存をおびやかす危険ととらえいじめています。
どんなにいい政策したとしても許されません。
感化され歯止めを超えた一部が嫌がらせや暴行加える事件があちこちで起きています。
同性愛者へのヘイトクライムでもあるフロリダでの事件なども起きています。イスラム教徒や有色人種へのひどい嫌がらせも相次いでいます。
言ってはいけないことをいう「保守派」は深く反省してもらわなくては。


「保守派」・道徳宗教右翼にみんなで立ち向かいましょう。
誰もが存在否定されることなく共に生きれることを願います。
うようよする叩きはだめです。
つらそうな人に手を差し伸べましょうよ。



















ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

1. まず嫌がらせを受けている人に話しかけよう
嫌がらせを受けている人の隣に座り話しかける。落ち着いて、冷静にあいさつをしよう。攻撃している人は無視。

2. とにかく何か会話の種を投げかけて、2人で会話をしよう。

3. 引き続き安心できる空間を作ること。

4. 嫌がらせをする人が立ち去るまで会話を続ける。必要ならば嫌がらせを受けている人を安全な場所まで連れていくこと。



そしてこれらに付け加えて重要なことがあと2点。

1. まず、決して攻撃者と関わらないこと。徹底的に無視して、被害を受けている人に集中すること。

2. 被害を受けている人の意思を最大限尊重すること。その場を立ち去ろうとしているなら、そのようにしてもらう。必要ならばあなたの友人を呼んだり、もし、その人が警察を呼んでほしければ呼ぶ。すべてはその人の意思次第。


http://fnmnl.tv/2016/11/11/13467

共に生きるシリーズ