So-net無料ブログ作成

報道圧力 [報道]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪

日記リスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1


民主党政権と安部政権の違い
(報道の自由に関して)


 記事より
 岡田克也副総理に招待された。首相官邸では毎週ミーティングが開かれ、当局者は程度の差はあれ直面する問題について私たちと議論することを歓迎していた。問題によっては私たちは政府の立場をきびしく批判することをためらわなかった。しかし、当局者たちは彼らの立場をなんとか理解させようと努力を続けた。
 反動は2012年12月の選挙直後から始まった。新しい首相はフェイスブックのような新しいメディアにはご執心だったが、行政府はいかなるかたちでも公開性に対する好尚を示さなかった。財務大臣麻生太郎は海外ジャーナリストとはついに一度も話し合おうとしなかった 。
http://blog.tatsuru.com/2015/04/10_1343.php



具体的圧力 について
記事より
安倍政権の歴史修正主義について私が書いた批判的な記事が掲載された直後に、本紙の海外政策のシニア・エディターのもとをフランクフルトの総領事が訪れ、「東京」からの抗議を手渡した。彼は中国がこの記事を反日プロパガンダに利用していると苦情を申し立てたのである。
以上




やはり自民党は自由民主主義ではありません。
反自由主義政党です。
どこかの旧東の共産党と大して変わらないかも。


ドイツ記者のことを載せた記事みても権力からの「報道の自由」はひどくはないけどよくないようです。
第三者である海外記者の視点を見ることも大事だと思います。





ファシスト的傾向の自民・大西氏発言要旨からです。

以下記事より

常にマスコミの皆さんは(発言を)つまみ食いする。都合のいいところだけ編集し、全く本人の意図と違うような報道が極めて多い。私は政治家や党が財界に圧力をかけて、マスコミを懲らしめろなんてことは一言も言ってない。
 例えば朝日新聞の従軍慰安婦の捏造(ねつぞう)記事。安全保障法制について全く事実無根の、戦争に導く、あるいは徴兵制(に移行するかのような報道)。全く関係ないじゃないか、日本が戦争に巻き込まれないための抑止力を高めようとしているのに。そう(批判的に)報道している一部マスコミがある。こういうことを懲らしめなければいけないんじゃないか。マスコミのやりたい放題じゃないか。何かいいお知恵はありませんか、と百田(尚樹)先生にお尋ねした、勉強会の中で。
 自由主義世界、資本主義社会で、広告料をなくすなんてことができるのか。広告を出す企業は、自らの信念と良識に基づいて選択をしなさいというのが私の気持ちだ。日本の国を過つような、誤った報道をするようなマスコミに対して、広告なんかは自粛すべきじゃないかなと個人的には思う。
 だけど、政治家として、政治権力を使うとか、政党の力でそういうことをやるというのは民主主義の根底を揺るがすことだ。言論の自由や表現の自由というのは民主主義の根幹だ。
 (先の勉強会での「マスコミを懲らしめる」との発言を)野党が党利党略に使っている。われわれが主張しても野党の堅い石頭には通じないだろう。問題があったとは思わない。(マスコミを)懲らしめようという気はある。(2015/06/30-19:05)
以上


まず冒頭のつまみ食いの部分はいままで日記に書いてきました。
うちが問題にしている部分です。
2010-12-14笑えないジョーク  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-12-14
2011-12-06居酒屋談義  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-12-06




「・・・日本が戦争に巻き込まれないための抑止力を高めようとしているのに。そう(批判的に)報道している一部マスコミがある。こういうことを懲らしめなければいけないんじゃないか。こういうことを懲らしめなければいけないんじゃないか。・・」

これは偏見で明らかに圧力をかけようとしています。弁解の余地ありません。


 いままで「つまみ食い」の問題は確かに指摘してきました。
今でもそこは気になります。いい悪いでなく考えさせられる問題です。
 でもそれは朝日だけでなく産経や読売などすべてに言えることです。
 
 忖度という言葉があります。相手をおもんぱかる本来はいいものですが時と場合によっては問題となります。
権力に忖度し始めたら大問題です。逆でなくてはいけませんよ。
政治の世界で一番の権力は自民党でしょう。与党であるだけでなく
この国の権力に結び付いています。
(一説では日本における権力とは、原発・安保条約・天皇制・経済)
自民党に逆らうということは権力に逆らうことと取られかねません。圧力掛けなくても狙われるのを恐れ委縮するのは十分あり得るでしょう。



大西氏か偏った考えでみずからの批判をあまりせずいにそうことを書くことが正しいと思い込んでいるようです。
これこそ戦前回帰です。


左右には興味ありません。問題にするのは自由主義を壊して戦前に戻すことです。「 権力」が個々の尊重より管理しようとすることです。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015063000765




関連日記
2013-10-23密約を報道したら逮捕
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。