So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

被害者指数と加害者指数の乖離 スポーツ界のハラスメント事件 [社会問題]

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



 レスリング・アメフト事件などはまだ多くの方の記憶に残っているかと思います。
なんかもやもやしたままだと感じる方もいるかも。

2013年にこんな日記を書いていました。
以下、それをもとに再編集したものです。
追記部分に元の日記載せています。





『逆らえない空気』 
 バスケ部で顧問の体罰で生徒が自殺したと言われる事件です。報道では、逆らえない空気・規律重視などが出ていました。
 ネット上のコメントをみると一刀両断が目立ちます。結果的に個人を悪にして誹謗中傷が溢れます。
感化され嫌がらせ・暴力行為に及ぶ人が出たりします。(これは内容によっては犯罪になるかも。)
出てくる言葉は 「道徳」 「正義」 「規律秩序」 などです。




以下はフクションです。 
とある社会。
強い競争社会です。近年の自己責任論もあり負けた人には冷たい社会です。もちろん教育現場も競争原理です。
 顧問は実績があります。規律重視で「命令には従え!」という考え方です。
「いやなら出ていけ」「落ちこぼれはいらん!」ということもあります。
口で言ってもわからんやつ(できない奴)場合によっては体罰の可能性も排除しません。
また体罰での成功経験もあり体罰の有効性を信じています。
自分に自信があり実績あるので自分の正義を信じています。「正義」に反対することに嫌悪感を感じるようです。(こういうやり方に反対の声を上げる人も完全ではありません。)

 顧問は「滅私奉公」で部活指導してきました。
規律重視で上下関係意識が強く、「正義」のあまり画一的で上から目線が人より強いようです。

 ある日、空気に逆らえず耐えていた生徒がある日とうとう壊れてしまいました。
自分ならこのくらいと思うものが人は違うのがこの顧問にはわからなかったようです。なにせ画一的に人を見てますから。個々の尊重に欠けてますから。
だから顧問にはなぜ壊れて自殺するのか理解できていないようです。

こういうフィクションです。


なんか某政治家・某世論など、この体罰顧問を連想します。
なんか社会の縮図を見るように感じます。


 先生とかも教育委員会や政治家に「管理」され窮屈なのに忙しく大変らしいです。
なかなか一人ひとりをみる余裕なく、ついつい「一般論」「常識」などで動くようです。
 規律云々で束縛の中で「規律だ!わがままいうな」「従え!」で生きてきた人は今度は他者にそうすることに抵抗感が少なくなりやすいらしいですよ。
生徒も先生も「束縛」のなかで生きて相手を思う余裕がないというのは悲しいです。
悲劇の連鎖になるかも?

 被害者は確実にいて深刻な被害を受けていることも少なくないでしょう。
でも被害者指数と加害者指数がいつものように合わない感じです。



 やりすぎると相手は追いつめられ取り返しが利きません。 ネット情報で判断し一刀両断は危険です。私刑はだめですよ。
 一常に修正できる柔軟性も大事だと思います。後のフォローも大事です。周囲の協力もあったらいいかも。また個性をわがままとらえるのは危険だと思います。



 自己犠牲でなくできることを少しずつしてあげられたらと思います。
さりげない一言が「辛い」と泣いている人のささやかな救いになることもあるんですよね。
強制でなく共生を!
否定でなく認め合いを!



2013年1月の日記


nice!(10)  コメント(0) 

万引き家族と忖度 [社会問題]

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1



第71回カンヌ国際映画祭で、是枝監督の「万引き家族」が最高賞「パルムドール」とったことの反応が問題にされています。


1 他は祝辞を述べるのに安倍政権はこの件には祝辞を述べず海外から疑問視された。
(メモしていないのでどこの記事がわかりません。)
2 助成金て?
3 文化芸術と公権力 公権力とは?
4 安倍政権問題との関連 権力問題


 1について
 祝辞は述べるもの?選ぶもの?
つまりある意味での公権力行使?
日本国総理とてやるのなら個人的好みとは無関係でしょう。
安倍総理としてなら??
今までの祝辞の位置づけがわかりません。ちゃんと報道してほしかったです。


 2と3について少し考えてみます。
この作品がどういう助成をうけたのかよくわかりませんが芸術文化振興基金ではないかと推測します。
公権力から距離を置くという考え方は認めなくてはいけません。否定は危険な考え方です。
憲法違反でしょう。(法律上も問題?)


 危険な考えの人はいないと信じたいので、「助成金を受けたから距離を置いてはいけない。」
という論理を考えてみます。

疑問1
この論理は安倍政権批判嫌いから出ているのは問題と思えます。
安倍政権の手法・価値観などと対峙する政権が続いた時にも辞退する場合はどうなのかです。

疑問2
公権力と距離=安倍自民党批判とされること

疑問3
助成金=安倍自民のお金という感覚での批判はおかしい!




 区別することは安倍自民から距離でなく公権力から距離です。
したがって国家主権的安倍自民と方向が逆の自由民主主義的政権でも辞退できるかです。
監督は安倍内閣とは距離とは言ってないそうです。公権力から距離と言ったそうです。
(直接聞いていないので)


 またどんな場合も距離?距離をとるという意味の違いなどです。
安倍総理でも関与の意味があいまいで変わるのです。
またやろうとすることが一致したものについては距離もかわるでしょう。



疑問3については論外でしょう。
安倍自民のお金ではありません。国=安倍自民ではありません。現在行政を担当しているのが安倍自民とはいえるでしょうけど。(自民党公明党連立与党で安倍内閣で閣僚の多くが自民党)

安倍自民に遠慮しなくていいです。
安倍基金とか作り安倍総理が資金をだしそれで助成を受けた場合は話が変わります。
なんか考えるとおかしな論争に思えます。労力がもったいないです。





 ところで助成じゃないけど献金たっぷりもらってたら距離なんてとりにくいと思うのですけど。
(助成金でさえ批判されるなら献金はもっと縛られるはず)

あなたはあなたにたっぷり献金してくれる力のある人達と距離をどのくらいとれますか?

忖度しますか??


資料


nice!(8)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。