So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オリンピックや災害から考えるボランティアと労働

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1










関西の地震
西日本豪雨
台風21号
北海道地震
相次ぐ災害 で各地はそれぞれ大変のようです。




今回はボランティアです。
以前ネットでボランティア批判が目立ったことを思いだします。
個別にみれば配慮が足りず問題があった場合もあるようです。
ですがボランティアそのものを悪く言うコメントみれました。
他方、自衛隊など公務員は称賛が目立ちます。(もちろんねぎらいたいです)
部分的批判的にとれるコメントへ批判や罵倒もみれました。


一般論はともかく
まず以下のことを考えてみてください。
Q もし大きい被害があってあなたに体力が十分ない場合助けが欲しいですか?

もし仮にほしい場合
Q助けに行く人は?
公務員・企業のサービスボランティア・その他


災害だけでなくオリンピックで大量のボランティアを必要としているそうです。
ボランティアは自主性なので、期間中授業やめて学生を動員しようというのは疑問がなくもないです。


仮定で考えてみてください。
ボランティアでなく、ちゃんとアルバイトとして雇用すると?
賃金として換算すると?
(まあ雇用する予算はないのかもしれませんけど。)
賃金が発生し雇用となると労働者となります。 学生や非正規で働く人には働き先の選択肢になるかもしれません。
労働(賃金もらえる)から引退した方だと再び労働力となりそうです。





次の問いはサービスと対価です。
一部ネット世論では「安い賃金で働いているのだから受け手はそんなに求めないように」という風な意見があります。(意見でなく罵倒は論外)
極端な言い方をするとお店などで「対応に不満があっても文句言わないでください。店員は安い給料で大変なのだから」という感じです。
 
ボランティア扱いだと労働者にならず対価はありません。 安い賃金どころかただ働きです。逆に支出していたりもします。
その感覚でいくとただ働きのボランティアには何も言えないことに。



次の問い
Qもしあなたがボランティア活動するとしたらハードルは?
まず時間が考えられます。
以下は条件でなくそれぞれ異なります。
交通費(出してもらえる場合も?)
研修費(出してもらえる場合も?)
体力
対人関係

そしてネットにある一部のボランティア叩き
(注意・・・批判とたたきは違います)
業務だとねぎらわれてもボランティアでいくと叩かれるかなしさ




考えること

オリンピックや災害の時の人的資源の活用
個別により違うのでひとくくりにしない
第三者の叩き問題(問題部分の批判でなく)
助けに行く人達の被害を受けた人への配慮
第三者の双方への配慮



多分真剣にこれに取り組むとこれだけで終わってしまうので無理です。
答えは出せません。


お給料が出て活動に行く人
「助け」を受ける人
お給料なしで行く人
みんなそれぞれの思いがあるでしょう。

制度や改善してはという問題は考えても
誹謗中傷罵倒は好ましくないと思えます。



がれきから救助してくれるのは、基本は専門技術のあるプロの公務員でしょう。
(状況によって変わるでしょう)

ですがその先は?


行政も企業もボランティア団体などそれぞれ特性があるでしょう

私たちはそれぞれ能力も環境も違います。

困窮し助けが欲しいとき助けてもらえるにはどれも必要に思えます。


「サービス」を受ける人・提供する人の両方を考えて配慮するというのに
「文句言うな」/「迷惑なやつらだ」「自己満足だ!」とか罵倒を助長しかねない言動はそぐわないように思えます。



nice!(9)  コメント(2) 

これから発電のお話をしましょう

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪


日記リスト
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1




関西・北海道などで大規模停電が起きました。
いうまでもありませんが病院などは生命に関わる重大な問題だと思います。
回復のために懸命に作業してくださっている方もおられます。
電気が使えるありがたさを再認識させられます。
今回の日記は長くなりますが読んでいただければ幸いです。

発電のお話です。


題材1
太陽光発電、九電が停止要求の可能性 原発再稼働も一因
https://www.asahi.com/articles/ASL8X6QCYL8XTIPE02F.html
あいにく情報源が朝日しか見つかりません。
原発再稼働賛成の読売発の記事も見たいのですけど・・・。


記事によると太陽光でかなり発電しているようです。
今年4月29日には、午後1時の時点で九電管内の電力消費のうち、8割以上を太陽光発電でつくった電気がまかなった。現在も、九電が受け入れる太陽光による発電は月平均で5万キロワット程度のペースで増え続けている。
以上記事より

何が問題なのかこう書かれています。
以下記事より
電気の需要を超えて供給が増えると、電気の周波数が変動して大規模な停電につながりかねない。
以上

対応について
九電は火力発電を抑えたり、昼間に太陽光発電の電気を使って水をくみ上げ、夜間に水を流して発電する揚水発電を行ったりして、需給のバランスを調整してきた。
以上記事より

つまり九州に限れば事故がなければ電気は足りているようです。



題材2
北海道で計画停電を検討 10日開始も、1回2時間ほど
https://www.asahi.com/articles/ASL976RS9L97ULFA04C.html
北海道電力
http://www.hepco.co.jp/power_outage/
北海道のブラックアウト、なぜ起きた?
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/031400070/090700076/
あいにく当事者の北海道電力のブラックアウトの説明が見つかりません。ホームページにはなさそうです。

北海道の地震による大規模停電です。
主力発電所が停止しブラックアウト(記事参照)が起きたことによるそうです。
ネット上では病院などの例をもちだし脱原発の意見への批判やたたき(批判とたたきは違うでしょう)が目につきます。


記事から読めるのは
規模の小ささです。主力発電所の占める比重が大きすぎます。
「原発が動いていれば防げた。」というのが多く見れる根拠です。
確かに発電量がものすごく大きいので主力の火力の発電量をまかなえそうです。


で素人なりにあれこれ考えてみました。
原発の運転の特徴
1出力が大きい(たくさん発電できる)
2融通が利かない (自由に発電量を調整できない)
3発電には電気がいる。
4冷却など常に処理し続けなくてはいけない。

正確に知りたい方は、ご自身で専門家の情報を調べられては?


ネットなどの原発あれば起きなかったへの反論をみましたが、
1火力がとまれば原発もとまる。
2処理できず重大な危機状態が起きる可能性
これを指摘しています。


うちの疑問
もし原発が動いていたら主力の火力は休止かも?
だって作りすぎになりそう(九州のニュースから推測)
融通きかないから主力以外の発電所で調整することに。


地震がきても原発は大丈夫???
批判の声でいくと原発なら大丈夫と言わんばかりです。
火力でも原発でも強い地震で止まってしまう可能性があると思えます。
エネルギー源の話でなく比重などの問題だと思えます。
原発はかなり比重が高くなるので止まれば同じことが起きるでしょう。

一番気になるのは処理できるかどうかです。
出来なければ福島の原発のように壊滅的打撃になるからです。
「想定外でした。」では済まないのです。

対策にはかなりの費用と技術を必要とするように思えますけど??


送電網を指摘している人もいますが情報不足もありまたの機会に。


今のところ考えられること
1主力発電所の比重を少なくする。(分散させる)
2近くに集めすぎない。



相次ぐ大規模災害で困っている方も少なくないでしょう。
平穏な日常が早く戻ることを願います。


災害・原発関記事


nice!(7)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。